セミナー「津波に伴う地下水影響とその後の回復」

開催案内(会告

主催:公益社団法人日本地下水学会

後援:公益社団法人 地盤工学会,公益社団法人 雨水貯留浸透技術協会,一般社団法人 全国地質調査業協会連合会,一般社団法人 土壌環境センター,一般社団法人 日本応用地質学会,一般社団法人 水文・水資源学会,日本水文科学会

平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う津波では、既存の井戸水の塩水化により、飲料水としての使用が困難となった地域が東北地方の沿岸域を中心に発生しました。井戸水を生活用水等として利用している地域では、塩水化や著しい水質の変化は深刻な問題となることが考えられます。また、津波堆積物による土壌や地下水汚染も井戸水の利用の観点では深刻な影響をもたらすことも懸念されます。

事故から6年が経過した現在、かつて塩水化あるいは地下水水質等はどのように変化・回復してきたのか、また今後はどう変化していくのかなどについて、地震発生直後から現地で調査研究をされてきた研究者の皆さんから話題提供をいただきます。

これらの知見・経験を基に、今後予想される東南海・南海地震における地下水水源の利用はどうあるべきなのかについて考えるきっかけにしたいと思います。

日時

平成29年7月1日(土)10:00~17:00

場所

日本大学文理学部3号館2階(3206教室)

〒156-8550 東京都世田谷区桜上水3-25-40

>>キャンパス案内図(日本大学文理学部ホームページ)

>>キャンパスマップ(日大文理学部ホームページ)

プログラム(タイトルは変更になることがあります)

10:00~開会挨拶 徳永朋祥(地下水学会副会長)

10:10~11:00 2011年東北太平洋沖地震による津波の千葉県沿岸域地下水への影響 杉田 文(千葉商科大)

11:00~11:50 津波に伴う地下水の塩水化とその後の回復 -宮城県亘理町・山元町の事例- 藤元栄一(農水省)

11:50~12:40 福島県北部沿岸域の津波被害を受けた地点の地下水水質変化 藪崎志穂(地球研)

12:40~13:40 昼休み

13:40~14:30 津波堆積物の調査と地下水・土壌への影響  駒井 武(東北大)

14:30~15:20 多義的資源としての湧水・自噴井群の変化と復興 ー岩手県大槌町ー 鷲見哲也(大同大)

15:20~16:10 三陸沿岸沖積平野の東日本巨大地震津波で被災した水道水源地下水の回復 開發一郎(広島大)

16:10~17:00 震災時の地下水水源確保ー専門家だからできる非常時の支援活動ー 藤縄克之(信州大)

17:00~閉会挨拶 川端淳一(地下水学会副会長)

参加費

正会員・特別会員8,000円、準会員3,000円、非会員10,000円(いずれも税込)

※参加費には当日配布する資料代も含まれています。お支払いは事前振込み、当日支払いどちらも可能です。なお、参加申込み前に入会申込みをしていただければ、会員扱いとさせていただきます(入会申込みについては、学会ホームページ(http://www.jagh.jp/)でご確認下さい)。振込み先については、参加登録後に事務局より口座をお知らせいたします。

定員: 160名程度(要申し込み、定員になり次第締め切りとさせていただきます)

CPD単位:5.8

学会整理番号:2017-05

参加申込

(メールによる受付は6/30まで。当日参加も可能です)

  • メール: 下記の本文に記載の上、学会事務局chikasui@nifty.comまでお送り下さい。

メールおよびwebいずれの場合も,学会事務局より,折り返し,申込確認のご連絡を差し上げますので,この連絡を持って参加登録とさせて頂きます。

学会事務局から折り返しの確認連絡がない場合は,お手数ですが事務局にお問い合わせください。


申込用紙

セミナー「津波に伴う地下水影響とその後の回復」

参加者氏名:

所属(連絡先):

郵便番号:

住所:

電話:

FAX:

e-mail:

会員種別: 正会員・特別会員[   ],   準会員[   ],   非会員(一般・学生)[   ]

参加費支払い方法: 振込(事務局から振込先連絡)  当日持参(現金のみ)

・専門分野(任意):

(*学生の場合は,学科あるいは専攻をご記入ください)


 申込〆切:平成29年6月30日(金)

申込み・問合せ先

公益社団法人 日本地下水学会

〒104-0045 東京都中央区築地2-15-15 セントラル東銀座1008

TEL/FAX 03-3549-1135(毎週、月・水・金曜日) 

e-mail chikasui@nifty.com

 

ページTOPへ